TMF V-AIoTプラットと人工知能を使った人間検知を鉄道踏切安全AIシステム採用し実証実験を行いました。


鉄道踏切安全AIシステムでは、踏切内の人間のみを検知します。
また、撮影をしてからおおよそ2秒で、危険を検知し電車内のクライアント端末に現場の動画を映し出します。


センサーやエッジAIカメラなどと違い、犬や猫、浮遊しているごみ袋などは検知せずに人間のみを検知することが可能です。
また、車などを検知するための学習を行うことも可能です。


精度は、自己トレーニング後には、なんと99%以上に達します。
これにより、踏切内の検知は非常に正確にできるようになり、鉄道安全のレベルを大きく向上します。
また現場の状況が瞬時に把握でき、危険を排除するばかりでなく、安全確認の時間を大きく削減でき、交通渋滞や電車の運行の正常化に貢献できます。

株式会社ティ・エム・エフ・アース

TMF EARTH Co.,Ltd.

150-0041

​東京都渋谷区神南1-13-8 パークアヴェニュー神南

Copyright © 2018-2019 TMF Earth All rights reserved.