TMF オープンクラウド

ビジネスに適したクラウドシステムの形成

TMF オープンクラウド とは

TMF オープンクラウド はあらゆる機能を集約した納品後すぐに利用できるターンキーソリューションで、 IaaS とPaaS の全機能を備えており、企業や機関がプライベートクラウドを構築するための必要なすべてのシステムを提供します。

TMFでは企業内のデータセンタが迅速にアプリケーションを物理リソースからバーチャルクラウドシステムアーキテクチャーに移行できるようサポートしています。

また、ソリューション総合ポータルを使えば、ソリューション・プロバイダーは簡単にTMF オープンクラウド へ新たなクラウドサービスを追加することが可能です。

TMF オープンクラウド は従来のアプリケーションからコストと時間を削減できるクラウドサービスへと移行させ、企業の競合性上昇に貢献することでしょう。TMF オープンクラウド のクラウドサービスを導入すれば 50%以上の人員とコストを節約することが可能です。

 

TMF オープンクラウド はサービス提供者がバイナリ相互インターフェースの修正なしに従来のアプリケーションからクラウドシステムへと移行させることができる相互通信クラウド設備です。

 

TMF オープンクラウド はあらゆる機能を一つにまとめた可視化構造に、クラウド編成、管理、監視のためのTMF オープンクラウド ポータルを組み合わせたものです。この統合によって、ソリューション・プロバイダーは数回のクリックのみで新たなクラウドサービスを TMF オープンクラウド へ追加することができます。システムが設置されると同時に TMF オープンクラウド はリソースの統一化とイベント整理の管理を開始し、さらにサービスやユーザー設定の基準に応じて容量使用記録を時間ごとに生成します。

 

企業はクラウドサービスの利用開始にかかる時間とコストを大幅に削減することができ、既存アプリケーションの変更や複雑な可視化構造の学習などの煩いなく効率的で自由度の高いクラウドを利用できるでしょう。

 

TMF クラウド OS は一般販売されているハードウェアでの使用が可能で、EC2 や OpenStack、Cloud Formation といった有名クラウドの基準に十分対応可能です。

 

TMF オープンクラウド の特徴

 

あらゆる機能を一つにまとめた基礎構造

  ž 自動化されたクラウドサービス対策

  ž マルチテナント機能(各テナントに画面表示コントローラ設置)

  ž 管理者とクラウドサービス利用者双方がカスタマイズ可能なポータル

  ž イベント通知機能

 

これらの機能によって企業はクラウドサービスの利用開始にかかる時間とコストを大幅に削減することができ、既存アプリケーションの変更や複雑な可視化構造の学習などの煩いなく、効率的で自由度の高いクラウドを利用できるでしょう。

 

クラウドサービス

 

従来のアプリケーションとクラウドサービスの違いは複数のテナント(サービス提供者)間でのリソースの共有にあります。アプリケーションを構成する要素は異なるデバイス(異なる場所)での利用が可能で、各要素は他のリソースへと幅広くアクセスすることができます。これはより多くの顧客対応を可能とするでしょう。

 

クラウドシステムの売り手が激増したことに伴い、自社サービスのクラウド化と、独立行政法人業者によって運営を望むサービス提供者は増えています。更にいえば、テナント基準のサービスごとに可視化されたリソースを管理・監視したいと望んでいるでしょう。


TMF オープンクラウド はスケールアウトされたシステム構成や自動スケール機能、複数テナントの独立化、移植可能性と互換性などの特徴を備えています。

TMF クラウド OS:一体化されたネットワーク構造

 

バーチャル・リソース・マネージャ(VRM)

TMF オープンクラウド はあらゆる物理リソースを計算、ネットワーク管理、ストレージ保存できるようデジタル化する一体化されたネットワーク構造(TMF クラウド OS)を備えています。TMF クラウド OS の本貫となるのはバーチャル・リソース・マネージャー(VRM)と呼ばれる機能で、これはユーザーやテナント(サービス提供者)とその情報システムを管理するものです。テナント管理者は数クリックで新たなユーザーや情報システムを自己の画面表示コントローラーへと追加することができます。

 

ソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS) / ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)

TMF オープンクラウド は独自にソフトウェア・デファインド・ストレージ(SDS)とソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)要素を内包しています。SDS 要素は情報の提供と複製、評価、重複排除、ユーティリティーのバックアップと復元を行う分散型区画容量構造(分散ブロック・ストレージ・アーキテクチャー)です。

 

仮想データセンタ管理(VDCM) / 物理データセンタ管理

TMF オープンクラウド は管理のデジタル化も行います。各テナント(サービス提供者)はマネージメント・ポータルにアクセスして仮想リソースを閲覧、操作、管理することが可能です。また、仮想データセンターを用いて問題の解決を行うことができます。加えて、TMF オープンクラウド は事前に定義されたイベントの通知やリソースの容量をサービス提供者に伝えるレポート機能も兼ね備えています。

 

仮想データセンター

TMF オープンクラウド は各テナントに独立した仮想データセンター(VDC)概念を提供します。具体的な特徴は以下の通りです。

 個別化 … 各テナントの VDC は名前によって振り分けられた仮想サーバ、ストレージ、ネットワークリソースを持っているため、構造的に独立しています。

 スキャンに適したロードバランサ … TMF オープンクラウド は仮想クラスタを用いて仮想機械を自己調整することでワークロードの調整とシステム利用状況・アプリケーション性能の改善を自動的に行います。

 自動スキャン … TMF オープンクラウド は必要に応じて仮想クラスタと仮想機械のキャパシティ(CPU/メモリ)を大幅に拡縮させます。

 

仮想マシンのライブマイグレーションとフェイルオーバー

 

サービス・プロビジョニングとオーケストレーション

(OpenStack とCloud Formation を支持)

TMF オープンクラウド ポータル はサービスのテンプレートをクラウドフォーメーション構文に組み込み、仮想リソースをクラウドサービス内で利用できるように下位の仮想構造(Gemini Cloud OS やOpenStack)へと自動的に移行します。

さらに、TMF オープンクラウド ポータル は技術アプリのオーケストレーション層を成し、クラウドサービスのセットアップを手作業無しで完了させることで、デプロイやアップグレードの速度を上げ、人為的なエラーを防ぐことができます。TMF オープンクラウド ポータル を使えば、サービス提供者は従来のアプリケーションからクラウドサービスへと僅かな時間で移行することができ、作業効率を大幅に上げることができるでしょう。  

 

監視と記録

TMF オープンクラウド は物理マシンや仮想リソース容量、ネットワーク統計などを常に監視することができます。加えて、サービス要素単位でのログの収集も可能です。物理および仮想リソースの現況は TMF オープンクラウド ポータル のダッシュボードから閲覧できます。

 要望に応じて TMF オープンクラウド ポータル は検索事項に応じたレポートをリソース使用利益やネットワーク統計から算出することも可能です。これらのレポートは管理目的だけでなく請求書の作成にも利用できます。算出されたレポートはエクセルやその他のフォーマットでの抽出が可能です。

イベント通知

 

TMF オープンクラウド はハードウェアの状況を見ることで事前に設定された重要なイベントのログを管理できます。イベントを確認した際には対象者に対して通知文を送信します。

 

エンジリアリングソリューション

 

TMF オープンクラウド の技術者用クラウドソリューションはMatlab、Ansys、ProE といった従来の技術者用アプリケーションを当社の自由度の高いクラウド構造を用いたサービスへと面倒な同期処理などなしに移行できる非常に優れた情報システムです。Gemini Open Cloud のオーケストレーションレイヤと管理ポータルにより、末端利用者はたったの数クリックでMatlb やAnsysに並ぶ技術者用サービスを簡易的に構成することができます。

 

開発用ソリューション

 

TMF オープンクラウド はExlipse、Github、Review Board、Jerkins、Robot、Selenium、Sikuli、その他試験的管理ツール(Spira など)といった著名なオープンソース開発ツールだけでなく、 bugzilla のような問題追跡ツールをクラウドの基盤へと統合しているため、開発者の方々は包括的な開発を行うことができ、更に問題を速やかに解決するためにテスターと共同で作業することも可能です。Gemini Open Cloud の DevOps ソリューションを使えば、すべての顧客の要望にあったプログラム完了に向けて、組織は確実に進展していくことができるでしょう。

 

 

銀行・オフィスソリューション

 

TMF オープンクラウド は現在、最高品質のオープンソースソフトウェアパッケージによるコンテンツ・ドキュメント管理サービスを提供しています。当社では企業内での複数のコンテンツ協力者の相互関係を高めるため Alfresco を使用しています。小規模なウェブサイト構築や役割階層の個別化は組織間でコンテンツの分割や分離を招くものです。そこで Gemini Open Cloud は独立系のソフトウェア販売会社と協力しての完全デジタル化された連絡会議やオンライン会議、企業規模のクラウドストレージアプリケーションをご提供しています。

 

 

 

BCPソリューション

   

御社のビジネス継続のための高信頼性システムを安価で容易にクラウド上に構築します。

バックアップ・ファイルオーバー・フェールバックをマルチソース環境下で使い易いフレンドリーなUIを用いて、購入し易いベストな価格でご提供します。

 

いままで、効果なために導入を躊躇していた企業の皆様に、ビジネス・コンティニュティー・プランをお求めやすい適正価格と手軽さでご提供します。

 

リカバリーレベルは、Tiare6レベルをはるかに超える、RPO(Recovery Point Objective)は、なんと30分、RTO(Recovery Time Objective)は、1時間でユーザーに安心を届けます。

 

構築コストは、今までの50%程度と適正価格を実現、そして、マルチプルソース対応の、P2V(Physical to Victual)、V2V(Victual to Victual)、マルチプル ハイパーバイザーをサポートします。

 

UIは非常にフレンドリーで、数ステップの簡単な設定を行う15分程度でミラーサイトの構築が完了します。

株式会社ティ・エム・エフ・アース

TMF EARTH Co.,Ltd.

150-0041

​東京都渋谷区神南1-13-8 パークアヴェニュー神南

Copyright © 2018-2019 TMF Earth All rights reserved.