TMF Smart VSaaS

LTEで5Gの世界を実現、

動画を使ったAI&IoTで現場の動画による

デジタル化を推進する次世代動画プラットフォーム

TMFは、社会・企業活動の全てがデジタル化を前提とした世界になると確信しています。また、現場のデジタル化には圧倒的に情報量が大きい動画や動画を効率的に利用するためのAIが必須となります。そしてデジタル化時代の様々な物を繋げるために通信は無線、さらにはAIはクラウドAIが主流になると考えてます。

キーワードはデジタル化。全てがデジタルを前提とした企業・社会活動へ移行し、企業はデジタル化に適合することでDXを実現することができます。この時代の流れにのれた企業のみが成長し生き残ることができる世界だと考えます。

動画を使ったデジタル化にはいくつかの課題があります。


 1)動画データ容量が膨大。
 2)画像データ蓄積が困難
 3)有効に利用するにはAIや動画管理の機能連携が困難


 

多くの企業様はこれを5Gによって解決しようとしています。5Gでは、回線帯域をLTEの10-20倍にすることで、超鮮明画像を、遅延なく、センターシステムに伝送することを期待しています。
TMFは、伝送スループットを1/10から1/20にし、システム連携を最適化することで、その期待をすでにLTEで実現しています。これにより、通信コストは75%削減し、遅延も0.5秒を実現しています。

TMFの技術はスループットを1/10-1/20にで動画を伝送するだけでなく、保存するデータサイズそのものを1/10-1/20にしています。そのため、ストレージシステムのサイズを1/10-1/20にでき、ストレージコストを大幅に削減できます。

このように、TMFの技術は、通信費とストレージコストを大幅に削減し、TCOを半減することを実現させています。またTMFはAIとGPUのパフォーマンスを最適化させ、更にコストパフォーマンスを高めることを実施しています。

TMFの動画は様々な場面において最適なAIの活用を実現しデジタル化を可能にします。
今までのような動画を撮って溜めて万が一の時に見る画像からリアルタイムに管理や監視、検査に使う貯めた鮮明画像を学習し人や物などを学習し認識する人や物をキーに現場をデジタル化するための教師データを取得そのデータを使っ
て作業マニュアルなどを作成さらに分析・認識最解析をし最適化や予測を行うためのモデル化モデルを学習しAIに要って業務改善機能とコストを最適化できる最適なAIシステムの導入が可能になります。

TMFでは、Smart CityやSmart Industryなどの分野で様々なAIエンジンを使ってお客様が利用しやすいAIアプリケーションをSmart VSaaSに統合してお客様に提供しています。

TMFの革新的技術の強み

shoukai1.jpg
shoukai2.jpg
shoukai3.jpg
shoukai4.jpg
shoukai5.jpg
shoukai6.jpg
shoukai7.jpg
shoukai8.jpg
shoukai9.jpg
shoukai10.jpg